FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
07.08

「With」プレート1

Category: なりわい
友人の経営する飲食店がオープン三周年を迎えるということで、お客様&関係者にプレゼントを渡すということに…
そこで、店名プレート入りの本革パスケースに決定し、そのプレート部分を森戸製作所で作る事になりました。

以下、スタート時から追っていきます!飽きないようにお願いします!

まずは、版下原稿作りから。デザイン作りってとこですかね。
これはイラストレーターという描画ソフトを使いパソコン上で作成します。



デザインが決定したら、これを基にフィルム(版)を作るので、トンボを付けたり必要個数分を画面上に複製して並べます。

DSC_1054.jpg

いざフィルム製版!するとデータ通りのフィルムができあがります。

DSC_1057.jpg

そして一方では材料となる真鍮板の準備です。だいたいA3くらいのサイズです。

DSC_1059.jpg

この板をよく磨いて油脂分を全て落とします。
そこに感光剤と呼ばれる薬品を全面に塗布して乾燥させ、先ほどのフィルムを使って真鍮板に図柄を写真焼付けします。(転写のようなもの)
するとこんな感じで板に図柄が浮かびあがります。

DSC_1065.jpg

この茶色い部分には特殊な被膜がのっていて、エッチング液がかかっても彫れないようになっています。
これがマスキングですね。
そして、白っぽい部分には何ものっておらず、真鍮材料そのものの色です。ここに腐食液がかかるとどんどん彫れていくのです。

このあと、ピンホールやうまく図柄がでていない部分などを手作業で修正し、よく乾燥させてからいよいよエッチングです。






スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kuranosukesuke.blog122.fc2.com/tb.php/174-261aa791
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。